胸熱いやほい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

AdSense広告設置数の3枚上限撤廃4枚以上掲載【人柱力】

オピニオン オピニオン-ブログ話 ブログ運営 ブログ運営-Google AdSense

GoogleAdSense広告3枚制限廃止

(※リライト:広告の掲載枚数を増加させた後、2か月経過したため近況報告)

「コンテンツ向け AdSense ユニットは 3 つまで」

アドセンス広告設置数は、今までこの条件下で試行錯誤を続けてきた。

 

しかし、8月中旬からルール改変し、事実上の上限が撤廃された。

数日前、つい先日のことだ。

www.iscle.com

上限を撤廃する代わりに、「モラル」で広告配置数を決める必要性が出た。

この変更により、ウェブメディア運営者たちの間であらゆる憶測が飛び交った。

 

極端な例だと、中身の薄いコンテンツはアドセンス広告が不可になると言う人もいた。

この大きな変化は、改悪なのか、それとも改良なのか?

 

僕は改良でありメリットとして捉え、本日から4枚以上の掲載に切り替えた。

まずは、現在のアドセンス広告設置状況をお伝えしたい。

 

スマートフォン用ページ:アドセンス広告6枚

お気付きになられていただろうか?

2日程前から試験的に広告数を増やしていた。

 

  • ヘッダ            x1
  • 記事上            x1
  • 記事中間        x1
  • 記事直下        x1
  • ぺージャ下  x1
  • フッタ    x1

=アドセンス広告:計6枚

 

スペースの都合上、これ以上は貼れないと考えて良いだろう。

つまり、スマホ用ページのアドセンス広告最大掲載可能枚数は6枚程である。

 

+アンカー広告

+モバイル全画面表示広告

⇒金額的なメリットが薄いわりにユーザビリティを大きく損なうので廃止。

(2016.08.23)

 

PC用ページ:アドセンス広告6枚

  • ヘッダ            x1
  • 記事上            x1
  • 記事中間        x1
  • 記事直下        x2
  • サイドバー下 x1

=アドセンス広告:計6枚

 

+medi8広告:計4枚

=PC用広告ページ:合計10枚

 

PC用ページは、掲載している広告枚数自体は多いかもしれない。

しかし、そのわりにはそこまで広告がうるさくないように感じる。

 

スマホ用ページとは異なり、サイドバー等のスペースがあるためだろう。

だが現状の配置から、medi8の広告は剥がそうか検討している。

 

モラルに委ねる広告配置の対象は、全ての広告だという見解も耳にする。

おまけみたいな場所に配置しているし、無くても良いかな?

 

medi8や忍者AdMaxやnendを排除したい?Googleの野望が垣間見える

周りのブロガーさんを見ても、アドセンスとmedi8を併用している方が多い。

自分も助言をいただいてその手法の広告配置を取り入れていた。

 

▼参考にさせていただいていたブログ【涙拭けよ/守形レイジさん】

www.sugatareiji.com

 

アドセンス広告3枚縛りの制限をかけても、他の広告配信サービスで補完される。

もしかしたら、グーグルからすれば腹ただしいジレンマだったのかもしれない。

 

あくまで仮説だが、Googleは他の広告配信サービスを潰したいのでは?

格下といえど、medi8や忍者AdMaxやnend等が目障りなのでは?

 

最近のルール変更でいえば、他社製の全画面表示広告を設置することにより、検索順位を降格させる可能性がある旨の通達をしたことも衝撃的だった。

Googleは着実に動き出している。

 

これらは、事業内容としてもシェアが被ってるわけだしライバル企業なわけだ。

他社の広告スペースを奪還し、市場を独占することが最大の目的なのかもしれない。

 

ペナルティーとして考えられるリスク

アドセンス広告掲載枚数は、現在調整中だ。

上記の考えから、Googleの圧力に萎縮しないで掲載していくつもりではいる。

 

ただ、ポリシー違反として忠告、または警告される可能性はある。

この場合、Googleさんの改善提案に潔く従うつもりだ。

 

その際には、「ポリシー」のような曖昧な表現ではなく、具体的な指示があるはずだ。

調整し、認可されるまでの一定時間、アドセンス広告の配信が止められる恐れはある。

 

しかし、アドセンス広告掲載の新基準に関する貴重な情報を入手することができる。

また、ここでのGoogleからの扱いは「不正」ではない。

 

広告が多くても「不正行為」はしていない!ビビるな!

オリジナルで勝負してるわけだし、堂々としていれば良い。

1記事あたりの情報量(文章量)だって2000~3000文字を目安にしている。

 

肌感覚で、コンテンツよりも広告がメインになっていなければ良いんでしょ?

本人が広告を多めに貼りたかったら貼れば良いと思う。

 

個人メディアなわけだし、ビビってないで好きにやったら良いじゃん。

まあそれによってユーザビリティは変化するだろうけどさ。

 

それらの結果も結局はブログに影響するわけだ。

あまりにもおかしなことはしないでしょ?

 

一度整理する。

モラルの問題だから、「不正」のように悪意は無い。

指摘をいただいてしまった場合は

『グーグルさん、ごめんなさい。』

 誠意をもってきちんと対応したら問題解決だ。

 

近日中に誰かがきっとGoogleからポリシー違反の指摘を受けるはずだ。

期間が経つにつれアドセンス広告掲載が過剰になり、一部でチキンレース化する。

だが、もしかしたらそうなる前に僕が吊るし上げられる可能性も有り得る。

その際は、人柱として貢献することになるだろう。

このようにして、Google自体が規約のボーダーラインを決定することになる。

 

まだ日が浅いブログだからビビらないで挑戦的な運営ができるのかもしれない。

毎日数万円の収益があるようなメディアだったらそれは慎重になるわとも思う。

 

【人柱実験中】助言・提案求む!

この変化を上手に活用したい。

せっかくなら十分なメリットを手にしたい。

 

しかし、最適解がわからない。

例えば、どういった広告配置が良いのか?

これによって収益も大きく変わるだろう。

 

アドセンス広告を増やして限度を見極めてこいって要望もあるかもしれない。

medi8をアドセンス広告に総入れ替えする件は特に迷った。

 

個人的には、今の状態のレイアウトはそこそこ気に入っている。

必要に応じて微調整は入れたい。

 

また、どういったデータを取るべきか?

情報開示できることもあるかもしれない。

 

わからないことだらけ。

良心的な助言や提案は受け付けたい。

または、マイルドな表現で伝えてほしい。

困った場合は相談させてねw

 

以上、現状報告!

追ってまたご報告しよう。

 

【追記】1ページに6枚以上掲載しても警告なし

広告を人一倍増やして2か月程様子を見たが、警告等は特に来なかった。

つまり、記事公開時に予想した上記の内容は正しかった。

Googleが制限を撤廃した理由は、他の広告会社を締め出すためと考えて良いだろう。

 

また、アドセンス広告の収益率に変化はあった。

月間平均RPM300を超えるようになったので、1PVあたりで判断した際に収益は増加傾向にある。

 

しかし、クリック平均単価は低下してしまった。

1クリック=30円を下回り、クリック数でカバーしてしまっているような状態だ。

 

これでは最適な状態にあるとは言いがたい。

そのため、広告掲載枚数やレイアウトを微調整していく予定でいる。

 

定期的に調整・見直しをして、収益性の高い状態を作ろうと考えている。

RPM700超えの運営者もいるようなので参考にしたい。

皆さんと一緒に創意工夫していけたら嬉しく思う。

 

ブログトーク関連記事

【リアタイ流入】LINE@導入!ブログ強化のために記事下等に配置してみた

【奮起】僕が意地でもはてなブログの更新を継続させる理由

【SEO】雑記ブログこそ「雑記カテゴリー」を廃止すべき

【ブログ】良質な記事を書こうとすると次々と下書きが量産されてゆく罠