胸熱いやほい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2016新作おすすめ人気ワイン解禁・発売日時まとめ

オピニオン オピニオン-食事 グルメ グルメ-おうちごはん PRレビュー PRレビュー-商品

2016年11月17日(木)午前0時発売ボジョレーヌーボーとは

ヌーヴォー ジル・ド・ラモア ゴールド・シルバー2本セット[2016] ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ゴールド マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー・シルバー[正規品] 赤ワイン/辛口 [750ml]

年末の醍醐味として、ハロウィンが終わった後に楽しみなものが新作ワインの発売だ。

「ヌーヴォー」=「NEW」=「新作」

つまり、今年の葡萄で作られたワイン「ボジョレーヌーヴォー」

 

元はといえば、その年のブドウの出来栄えをチェックする試飲会のようなものだった。

また、解禁日が制限されている理由は、未熟なワインの流通を防止するため。

 

それらの要素が毎年定例化して、イベントとして成立している。

ボジョレーヌーヴォー解禁日は、毎年11月第3木曜日午前0時である。

時差の関係上、日本は世界最速レベル!ふうー↑↑

スポンサーリンク

 

ワイン出来栄え評価キャッチコピー問題

ボジョレー・ヌーヴォー2016 飲み比べ5本セット 750ml×5本

毎年発表されるキャッチコピーの発表も楽しみのひとつ。

ただし、これは炎上商法に近い部分もある。

販売業者らの評価

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1985年「近年にない上物」
1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

参考:ボジョレーワイン - Wikipedia

 

過剰表現が毎年ひらすら更新されててわろたw

味覚表現の場というよりも「語彙力発表会の場」となってしまっている。

 

台風や花粉や災害に関しても毎年同じような煽り文句を使うよね。

「過去50年で最強クラスの~」

「今世紀最大級の~」

 

世紀末に差し掛かっている年号であれば「今世紀最大」の表現もわかる。

しかし今世紀序盤に、今世紀最大の発表をするのは詐欺まがいの手段でしかない。

てか同じようなマンネリ商法を繰り返されると、さすがに視聴者側も飽きるわww

 

ワインも同じ。業界を腐らせたくなかったらやめるべし。

腐らせて価値が出るのは、発酵・熟成させる飲食物のみだ。

 

【追記】2016年キャッチコピー

醸造責任者ローラン・シュヴァリエ氏のテイスティングによる見解を下記に引用する。

“アンリ・フェッシ ボージョレ・ヌーヴォ 2016”ですが、「紫色の色調をもった美しいルビー色で、ラズベリーやスミレの花のアロマを持っています。若々しく豊かなストロベリーを想わせるジューシーな果実味にシナモンのような甘いスパイス風味が感じられる、フレッシュな飲み口のヌーヴォ」ということ。そして、“ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2016”は「深みのあるルビー色をしており、熟したカシスやブルーベリー、ストロベリーのアロマをたたえています。果実味もより深みがありリッチ。口当たりが柔らかくなめらかな飲み心地と長い余韻が楽しめます」

引用:ワイナリーレポート(アンリ・フェッシ) | ボージョレ・ヌーヴォ | アサヒワインコム | アサヒビール

『口当たりが柔らかくなめらかな飲み心地と長い余韻が楽しめる。』

要約すると、上記が2016年キャッチコピー業界側の発表だ。

スポンサーリンク

 

ボージョレヌーヴォー選び方

タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー “ラ・グランド・キュヴェ" 2016 750ml

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

『せっかく楽しみにしていたのに、飲んでみたら美味しくなかった。』

これだけは極力避けたいことだと思う。

 

ボジョレーヌーヴォーは、新鮮でフルーティーかつ軽やかな味わいが魅力。

冷やしてから飲むことで、ぶどうの果物特有の美味しさを楽しめる。

また大前提として、3つのランクに振り分けられる。

  1. ボジョレー・ヌーヴォー(下)
  2. ボジョレー・スペリュール・ヌーヴォー(中)
  3. ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(上)

「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」が厳選された品質の高いものだ。

ヴィラージュを名乗れるのは、ボジョレーの中でも更に限られた地域の葡萄のみ。

味覚や好みは人それぞれと言えども、納得のいくワインに出会える可能性は高まる。

 

また、単に「ボジョレー」と表記されたものはフランスの「ボジョレー地方」で生産されたことを表しているだけで「ボジョレー・ヌーヴォー」とは異なる。今年の新作ワインが飲みたいのであれば「ヌーヴォー」の必要がある。

 

「ボジョレー・ヌーヴォー」は、日本の多くの人に興味を持たせるわりに、混乱を招き続けている紛らわしい商品である。

 

ワインボトルに「ボジョレー」「ヴィラージュ」「ヌーヴォー」「2016」これらに該当する単語がきちんと表記されているか確認することがまず最低条件だ。

 

ライトボディ?ミディアム?フルボディ?

ここからは完全に好みと考え方次第だろう。

どのような口当たりのワインを求めているのかによって選択肢が異なる。

普遍的なものを選びたいのであれば、ミディアムで良い。

 

しかし、ボジョレーヌーヴォー特有の軽やかでフレッシュな飲みやすさを楽しむのであれば「ライトボディ」が適していると考える。

 

仮に「フルボディ」が飲みたいのであれば、しっかりと熟成されたワインが良いだろう。これに関しては、価値観次第なので参考程度に。

 

ボジョレーの帝王 ジョルジュ・デュブッフ監修ワイン

味の好みこそ人によって千差万別だ。

しかし、コスパと品質で判断するのであれば「ボジョレーの帝王」として有名なフランスワインの巨匠ジョルジュ・デュブッフ氏が監修しているものが良い。

その観点から最もイチオシできるのが、アマゾン限定発売の下記商品だ。

【Amazon.co.jp限定】 金賞受賞シャトー ジョルジュ デュブッフ監修 ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー シャトー ド ネルヴェール 2016

他のお店では入手不可能な限定モデル。

アマゾンプライム会員であれば、これらの旬な商品でも即日届くのは魅力的だ。

 

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクションプリュス

もう少し贅沢な気分を堪能できる下記のセレクトも良いだろう。

 

ボジョレー・ヌーヴォー2016 ジョルジュ・デュブッフ4本セット・(赤2、白1、ロゼ1)

ジョルジュ・デュブッフのワイン4本セットは激アツ。

ボジョレーヌーヴォーの生産は赤ワインが大半を占めるが、白ワインやロゼワインも欲張りな方であれば味見したくなるだろう。

 

【金賞受賞】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2016

 僕はこちらを購入した。

人気商品として各方面で発売されているのでレビューも兼ねて試飲したかったため。

感想としては、ワインに苦手意識を持っている人にこそおすすめしたいと思えた。

そのくらい口当たりが良く、マイルドな仕上がりになっている。

 

『気付いたら思ったよりも飲んじゃってた、許してごめん!w』

そんな会話が今ごろ世界中のどこかで飛び交っていそうな風味のワイン。

お手頃価格でちょっとだけリッチな気分を味わえる幸せを君のもとに。

スポンサーリンク

 

おすすめ関連記事

グルメ カテゴリーの記事一覧

飲用水(お冷)が不味い飲食店は衛生的にも信用できない

【グルメ】食前のスパイス全力投下禁止令【調味料】

100円ローソン野菜マシマシ350g!コスパ最強節約ダイエット術 

【晩餐会】ホームパーティー!お気軽に楽しく美味しいパリピめし一覧【夜ごはん】

【飯テロ】竹豆腐が美味!首都圏絶品グルメおすすめ速報【美食】