胸熱いやほい

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

【名言】重要書類!製品図面は契約書【機械設計】

f:id:nagaihksk:20160711211329j:plain

工業製品に図面は必要不可欠

技術大国日本。

自分は仕事として、設計・デザインに携わり、今年で7年目となる。

 

工業製品のものづくりにおいて、図面は基本的に必要不可欠なものだ。

これは、部品単体に関しても同じことが言える。

 

なぜ図面が必須なのか、また見栄えまで考慮する必要性があるのか。

とある上司が言っていたことを今でも覚えている。

 

某設計課上司の名言『図面は契約書』

『図面は契約書みたいなもの。

それを基準に、製品の仕様が確定し、発注され、量産され、出荷され、販売される。

つまり、原点であり、契約の第一歩となる重要な書類なんだよ。』

おおよそ上記のような内容だ。

あまのじゃくな自分でさえ、その発言には十分に納得できた。

 

図面作成上の最低限の注意点

まず、誤字や脱字があってはならない。

また、できる限りわかりやすい表現に仕上げる必要がある。

 

誤解を招く表現になっている場合、意図したものと異なった完成品が生産されてしまう可能性がある。

 

「設計側」と「現場側」の価値観が根本的に異なっている場合も多いためだ。

これは、立場上からくる問題であり、「精度や品質を求める側」と「合理化を求める側」と言い換えることもできる。

 

最後に、見栄えに関しても重視する必要がある。

「契約書」として見た際に、乱雑で混沌とした書類では、

いかに内容に間違いがなくても「契約」を躊躇う気持ちが沸くのも自然な道理だ。

 

プライベートで何かかしらの契約をする時の心境になってみれば、理解はできる。

つまり、不安要素を払拭する「契約書」であれば問題ない。

 

設計職等、上流工程を仕事とする人間によって完成品のばらつきも起きる。

それらの意識の差が、国ごとの製品の品質格差に繋がっているひとつの理由に感じる。

ビジネス関連おすすめ記事

nagaihksk.hatenablog.com

nagaihksk.hatenablog.com