胸熱いやほい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

iPhone7/7Plusが壊れた?アップルストアで無償交換【修理/故障】

iPhone6sPlusを購入

f:id:nagaihksk:20160905185432p:plain

iPhone6sPlusは、去年の2015年9月25日(金)に発売された。

僕は、この端末をその翌日から使用した。

シリーズ最新作のスマートな使い心地に魅了され、大変満足したことを今でも覚えている。しかし、次第に使用中の違和感を感じ始めるようになった。

スポンサーリンク

 

指紋認証機能の不具合

f:id:nagaihksk:20160905194443j:plain

出典:http://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone6

しかし、数か月使用し年が明けた頃から、次第に機能面での違和感を覚え始めた。

最初は、指紋認証機能の読み取りに失敗する現象が多くなっていることに気が付いた。

 

だが、冬だから空気中の水分が結露して、指紋認証を妨げてしまっていると考えた。

その間は、手打ちによるパスワード入力でロック解除をする日々を過ごした。

 

最新機種の処理能力による、瞬時に本人確認できる指紋認証機能を使えなかったことは、利便性の面で大きなストレスを感じていた。

そのまま春頃まで耐えたが、再起動しても、OSをアップグレードしてもこの不具合は改善されなかった。

 

フロントカメラモジュールの不具合

f:id:nagaihksk:20160905194039j:plain

出典:iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを購入 - Apple(日本)

指紋認証機能だけでなく、外側のフロントカメラにも異常が出始めた。

最初は、カメラのピントがなかなか合わないようになった。

 

もちろん手振れによるものではない。

フォーカスがきちんと定まってくれないのだ。

 

本体の劣化はさらに加速してゆく。

被写体を撮ろうとすると、激しくブレるようになった。

 

もはやそれは、多重影分身の術!

さすが忍の国、日本。

しかし、この時ばかりは少しも喜べなかった。

 

そんな不具合を笑いのネタにしつつも、内側のカメラ(インカメ)は正常に機能していたので、苦戦しながらも使っていた。

自撮りをするわけではないのに、全ての写真をインカメで撮影w

 

だが、これらの努力も虚しく、最終的にはどのカメラアプリでも撮影画面すら起動させることができなくなってしまった。

この時点で購入から半年未満だった。

 

もう我慢の限界、ブチ切れ寸前。

その足でアップルストア渋谷店に直行する。

www.apple.com

スポンサーリンク

 

Apple Store(アップルストア)渋谷店の対応

f:id:nagaihksk:20160810124856j:plain『アイフォンの指紋認証機能とカメラがおかしい!ヘルプ!』

 

f:id:nagaihksk:20160905185432p:plain『端末の状態を確認します。少々お待ちください。』

 

その間に友達とご飯。

約1時間後に店舗に戻る。

 

f:id:nagaihksk:20160905185432p:plain無償交換とさせていただきます。大切にお使いください。

 

。。。!

10万円相当の品物が!!

(ジャパネットもびっくり!)

 

なんと0円!!

無料新品になって戻ってきたあああ(歓喜)

 

不具合が起きたと考えられる原因

スポンサーリンク

iPhone6sPlusは、大画面かつ薄型を売りにした端末である。

そのため本体に、僅かながら歪みが発生していたようだ。

ポケットに入れておくだけでも曲がるとネットで騒がれていた記憶もある。

 

また、本体背面に小さいヘコみができていた。

何かの拍子にぶつけてしまっていたのかもしれない。

 

しかし、これらは日常生活で自然に発生してしまったものだ。

だからこそ、Appleもメーカーとして誠意を持って対応してくれた。

 

ちなみにこれらの現象は、不具合の原因として断定されたわけではない。

あくまで想定される原因として扱われた。

 

自分でできた対策と反省:ハードカバーによる保護

iPhone6sPlus購入時から、保護ケースはソフトカバーを使用していた。

軽量であることや、比較的厚みを薄くできることが主な理由だった。

 

しかし、カバーの目的はきちんと保護すること。

仮に、ハードカバーを使用していれば、剛性が高まることによってこれらの問題を防げていたかもしれない。

 

機種を問わず、スマートフォン用ケースはハードタイプに限る(断言)

不具合対応によるApple側の3つのメリット

スポンサーリンク

もちろん慈善事業ではないのだから、これらの行動には理由がある。

1つ目が、不具合品発生によるブランドイメージの下落を抑止できること。

 

ずさんなメーカーだったら、アフターフォローをないがしろにして炎上する。

ネットが普及した現代社会こそ、顧客を大切にする必要性がさらに高まっている。

この信頼性のアピールが2つ目だ。

 

最後の3つ目が最も大きい。

市場で自然発生した不具合品を自社回収し、サンプル品として研究できること。

 

言い方を替えればクレーム品。

これは、メーカーにとって最も重要な資源だ。

街中などでとったアンケートよりも圧倒的に価値のある答えがそこにはある。

 

旧作の改善点やヒントを新商品に織り込むことによって、より完成度の高いものづくりができる。

能力の高いメーカーは、このあたりのPDCAサイクルがとても上手だ。

 

プロダクト製品に完璧(究極)はありえない。

それでも一流企業は、確実に旧作を上回る成果物を生み出してくる。

だからこそ新作のiPhone7(Plus)を期待できるし、多くの人が楽しみにしている。

 

iPhone(~3GS~4s~5s_5c~6s_SE_7/Plus)無償交換の注意点

まず、全ての問い合わせに対して神対応をしてくれるとは限らない。

画面割れや水没は、本人の過失だろうから確実に対象外だ。

その場合は、AppleCare(アップルケア)等のサービスを活用するしかない。

 

また、アップルストアに行く前にiTunes等で確実にバックアップをとっておこう。

注意点としてはそれくらいだ。

 

いまキミの手元にある不自由なiPhoneも無償交換してもらえる可能性は十分にある。

こちらからは以上だ。

スポンサーリンク

 

おすすめ関連記事

Apple-AirPods カテゴリーの記事一覧

Apple-iPhone カテゴリーの記事一覧

iPhone7/7Plus本体保護はアルミバンパーが最強におすすめ 

【iPhone7】液晶画面保護!おすすめの強化ガラスフィルムDragontrailX【旭硝子】

iPhone7/7Plus傷と指紋対策には背面保護フィルムがおすすめ【ジェットブラック】

iPhone7/7Plus指紋認証TouchID対応ホームボタン用シールまとめ 

【耐水】iPhone7/7Plusはバイク・自転車ユーザーにおすすめ【スマホホルダー】