胸熱いやほい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

TEMPURA KIDZが「PiZZA OF DEATH」ロゴを模倣?パクリ?

テンプラキッズ(TEMPURA KIDZ)とは

f:id:nagaihksk:20161009154715j:plain

TEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)は、日本の原宿系ダンス&ボーカルパフォーマンスユニット。所属事務所はアソビシステム(ASOBISYSTEM)。所属レーベルはSMEレコーズ(ソニー・ミュージックレーベルズ)

コミカルでときにシュールな動きを含むダンス表現が特色で、2012年まで同じ所属事務所のきゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサー・初代「きゃりーキッズ」を務めていたこともあり彼女の振り付けを担当しているダンサー・振付師のまいこがダンスを監修していた。歌唱を伴わないダンスナンバーを含め自分たちで振りを作っている曲もあり、他のアーティストに対する振付提供も行う。

引用:TEMPURA KIDZ - Wikipedia

きゃりーぱみゅぱみゅと一緒に活動をしていたことで注目を浴び、知名度を獲得することができた。

また、1990年後半生まれの未成年で構成されたメンバーにも関わらず、他を圧倒する前衛的な表現が大きく評価されている。


「CIDER CIDER」TEMPURA KIDZ

2012年「CIDER CIDER」RAM RIDER作詞・作曲により、活動が認知される。

上記の動画でもハイセンスなパフォーマンスは感じられる。

 

しかしその高いポテンシャルは、LIVEでこそ十分な魅力がわかる。

また、2016年現在はさらにレベルアップしていることもあり、今後とも応援していきたいアーティストである。

 

コンセプトワンマンライブ「PiECE OF CAKE〜THE CLUB EDITION〜」

そのテンプラキッズが、昨日2016.10.08(土)に最新のイベント情報を公開した。

このロゴどこかで見たことあるぞ?

PiZZA OF DEATHのロゴにしか見えないんだが?

これはあきらかに意識してるよね?

タイアップ(コラボ)するなら良いんだろうけどさ。

そうは言っても、ロックでは無いので明らかにジャンルは異なる。

潜在的な意識としては、運営サイドの持つリスペクトによって決定されたのかもしれない。

 

しかし、ポップな個性派路線で成長しているように思っていたので違和感が残る。

エイプリルフールであれば4月にやるべき。

 

オリジナリティを追求しているのかと思っていたけど、パロディ系なの?

独自性を捨ててパクリ芸人的な消耗する方向性で活動して行くの?

なにか戦略があるのなら良いだろうけど、余程の理由が無いと説明がつかない気がする。

 

PIZZA OF DEATH RECORDS(ピザオブデスレコーズ)とは

メイキング・ザ・ロード

PIZZA OF DEATH RECORDS(ピザ・オブ・デス・レコーズ)は、日本のインディーズレーベル。代表取締役社長は横山健。

1994年、Hi-STANDARDのアルバム『LAST OF SUNNY DAY』を発売するために、TOY'S FACTORYのレーベル内レーベルとして設立し、その後もHUSKING BEEやTHUMBなど、当時の若手バンドの音源を次々とリリースしてゆくが、1999年発表のHi-STANDARDのアルバム『MAKING THE ROAD』の発売を期に完全なインディーズレーベルとして独立。

引用:PIZZA OF DEATH RECORDS - Wikipedia

そう、PIZZA OF DEATHといえば「Hi-STANDARD」通称ハイスタ。

ハイスタは、日本が誇る大人気の邦ロックバンドであり、多くのコアなファンを抱えている。

 

2016.10.05(水)に16年ぶりとなる新作CD「ANOTHER STARTING LINE」を、一切の事前告知なしで突発的にゲリラリリースし、発売されたことで世間を賑わせている。

 

ここ数日、息を吹き返したように話題になっている大注目のバンド「Hi-STANDARD」の横山健が代表取締役社長をしている音楽事務所が「PIZZA OF DEATH RECORDS」である。

 

PiECE OF CAKEロゴについて

f:id:nagaihksk:20161009154003j:plain

引用:TEMPURA KIDZ Official Website

テンプラキッズは、ハイスタの所属レーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」の話題性と影響力の恩恵を受けるためにこのタイミングで、模倣にも思えるようなイベント用ロゴを発表したのであろうか?

 

仮にそうであれば、「炎上商法」を取り入れた営業方針に切り替えたことになる。

ネットの話題性を活用しようとしたものであるのだろうか?

 

しかし、それによって想定されるメリットは大きく期待できそうにはない。

つまり、現時点での情報から考えることのできる具体的な意図は不明確である。

 

ただし、TEMPURA KIDZのメンバーが悪いのではない。

あえてこのロゴデザインを提案したデザイナーがナンセンスすぎる。

また、採用を決定した運営サイドの気持ちが知りたくはある。

 

音楽業界こそ、楽曲の不正使用などの著作権の面でデリケートな問題を多く抱えている。また、それらをなんとか整備し、払拭しようと努力しようとしている。

 

この背景を考えると尚更ハイリスクな気がするのは間違いだろうか?

ライブイベント用の一時的に使用するロゴといえど「TEMPURA KIDZ」としてオフィシャルな活動をするということは完全にビジネスであり、学芸祭のような非営利の発表会の場とは明らかに異なる。

 

リスクやデメリットの方が明らかに目に付く今回のこの発表報告。
それでもLIVE告知や会場の装飾、販促品などに例のロゴを使用するのだろうか?

 

彼らの活動方針に違和感を感じたので、その思いを言葉にしてみた。

ただし、現時点での情報は限定的である。

 

また、法律に関しては詳しくはない。

ここではあくまで現時点で疑問に感じた気持ちを提示するのみに留めておく。

 

おすすめ関連記事

【ぱみゅらー】きゃりーぱみゅぱみゅ「KPP BEST」リリースイベント@ラゾーナ川崎

【愛用】きゃりーぱみゅぱみゅアイメイク術!カラコン&つけまつげ【まとめ】

【美鼻】きゃりーぱみゅぱみゅ愛用?ノーズクリップ【鼻筋】

小倉優子は可愛い!ゆえに一般人の「ゆうこりん」が許せない【こりん星】

 LIVEキッズ必見!UNISON SQUARE GARDENを全力でおすすめしてみる【USG】