胸熱いやほい

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

竹豆腐が美味!首都圏絶品グルメおすすめ飯テロ速報【美食】

f:id:nagaihksk:20160608181234j:plain

出典:お土産処 - 東京・芝公園 とうふ会席料理「東京 芝 とうふ屋うかい」

(※リライト)

僕たち日本人の食生活に、大豆製品は欠かすことのできない食品だ。
特に豆腐は調理の応用が利くことから身近な存在である。


そんな豆腐の中でも「竹豆腐」はご存知だろうか?
僕も、つい先日までは口にしたことは無かった。

 

竹の魔法にかけられた豆腐

 

興味本位でオーダーし、ひとくち食べた瞬間から虜になった。

蕎麦など、和食全般のメニューやお酒のお供として最適な美食。

日本食ブームの恩恵を受け、是非とも世界進出をしてほしいくらいの一品である。

 

竹豆腐とは、輪切りにした竹の節に入れられた豆腐のことだ。

魅力は、和モダンな外観だけでは無い。

着目すべきは食品としての価値の方だ。

 

竹豆腐の食感

特徴としては、竹の繊維が豆腐の不要な水分を吸収するため、普通の豆腐と比較すると少し固め。


竹に面している外側の方がその傾向は顕著であり、凝縮された食感を得られる。
また、豆腐の中心部分は程良く水分があり、まろやかな柔らかさを残している。

 

竹豆腐のお味

竹が水分を吸い取る代わりに、竹の香りと風味を豆腐に与える。
これが、竹豆腐が絶品と言いたくなる理由だ。


本来の豆腐の風味に、竹のほのかな和の香りと旨味のあるほろ苦さが足される。

これは、もはや竹によって調理されたと言っても過言ではない。

竹豆腐を提供しているお店は限られているので、希少価値は高く、高級食材のようなものだ。

 

竹について

成長してしまった竹は、竹の子としての価値はなく、用途が見つからないことが多い。竹林を持て余してしまっている地主の方も多いと思う。


実際、自分の実家もそのような状態である。
これを活用しない手はない。

 

流行の最前線はここにある。

次に日本食ブームを牽引する食品は「竹豆腐」かもしれない。

 

竹豆腐取り扱い店舗紹介(首都圏)

とうふ会席料理 東京 芝 とうふ屋うかい

都心部の有名な豆腐専門店。

東京タワーのお隣の好立地。

 

この店舗では、くみあげ豆腐の認知度が高い。

敷地内は庭園になっていて、豊かな景色の中をお散歩できる贅沢空間。

とうふ会席料理 東京 芝 とうふ屋うかい庭園東京タワーとうふ会席料理 東京 芝 とうふ屋うかい庭園階段

東京の中心地で本場の豆腐料理を食べたいのであればこのお店は抑えておきたい。

また、夜は昼とは全く異なった情緒があるので時間帯を変えて何度か足を運んでみることをおすすめする。

www.ukai.co.jp

 

茶屋源氏/神奈川県西部の限界集落(水源地)

f:id:nagaihksk:20160927220816j:plain

竹豆腐を扱っている最もおすすめできる行きつけのお店こそ紹介したい。

出向くのであれば、一番おすすめできる営業日は月曜日だ。

 

普段は500円の竹豆腐を100円セールにするという最強すぎるサービスをやっている。

利益無視だと思われる破格の80%オフ。

 

理由は、週初めこそ景気良くお客さんに食事を楽しんでもらいたいためらしい。

つまり都合がつくのであれば毎週出向くべき飲食店だ。

 

こちらは調理師の店主が居酒屋として気ままに営業している店舗である。

緩い雰囲気なので、ご飯のみでも気兼ねなく立ち寄れるところもポイントが高い。

 

また、その「ご飯」はどれも一流品。

品数も多く本当に美味い。

田舎なので立地は少し不便だが、是非とも行ってみてほしい隠れた名店だ。

店名:茶屋源氏

住所:神奈川県愛甲郡愛川町中津801-5

店主:諏訪部 源(スワベ ゲン)さん

連絡:090-8589-0884

※個人情報は、ご本人の希望により掲載。

本ブログ「ナガイ伯爵アウトプット劇場」を見た、と伝えるとサービスがあるかもしれない。

 

自宅で豆腐づくり体験

好奇心旺盛な方には豆腐を自分で製作してみることも提案したい。

お子様と作っても、友達同士で作っても楽しめると思われる。

日本酒と一緒にヘルシーな豆腐パーティーも粋なのではないだろうか。

(※2016.09.27リライト)

 

過去グルメ記事一覧

nagaihksk.hatenablog.com

nagaihksk.hatenablog.com

nagaihksk.hatenablog.com

nagaihksk.hatenablog.com