胸熱いやほい

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

舌圧子は清潔?喉の診察で舌を押さえるヘラ状の棒について

舌圧子(ぜつあつし/ZETSUATUSHI)とは

「口や喉を観察しやすくする目的で、舌を押し下げるために用いるヘラ状の医療器具」

喉の炎症の確認など、内科の診察では欠かすことのできない必須ツール。

 

誤解のないように念のために説明しておくと、舌☆ATSUSHI(EXILE)ではない。

ATSUSHI (歌手) - Wikipedia

 

舌圧子を医療現場(内科)で使用する主な場面

『お口を大きく開いてください。』

主に風邪をひいた時や、健康診断の際にドクターに指示されるお決まりのアレ。

指と金属の棒を口の中に突っ込まれる名状し難い経験はきっと君もしているだろう。

 

う゛ぇええええー(白目)(デスボ)って感じで吐きそうになるんだよね。

アイスやぺろぺろキャンディー的なものにしてくれたら良いのにね。

 

できればやりたくないし、幼い頃はその度に逃げたく感じていた。

生理的に嫌悪感と不快感が非常に高い行為だとは思う。

 

まあ専門的な方に診ていただくわけだから、愚痴ばかり言ってはいられない。

潔く指示に従って早急に診察を終わらせることが両者にとって最善である。

 

舌圧子って使い回し?衛生面は大丈夫?本当に清潔なの?

幼い頃からどうしても舌圧子に対しての不信感を拭えないでいた。

『あの金属の棒って本当に衛生的に大丈夫なの?』

という疑問が診察のたびに頭によぎる。

 

 基本的には、滅菌・殺菌処理をしているらしい。

煮沸やアルコール消毒とかだろうか?

しかし、学校等で大人数を診察する時は何度も何度も再利用することになるはずだ。

 

時間に追われた慌ただしい環境の中、きちんと洗浄できているのか疑問でしかない。

歯科検診でも同じことが言えるが、病気の感染の心配は無いのだろうか?

風邪もそうだが、インフルエンザが特に怖い。

 

また、きちんと洗浄されていると仮定した場合でも、他にも懸念はある。

『金属トレイの上で野ざらしに配置された状態は、管理として最適なのだろうか?』

 

特に病院内の内科の診察室でこの施術を受ける時に抵抗感をかんじる。 

数々の患者が咳払いをし、そのウイルスが空気中を漂っていることは確実だろう。

そのため通院する必要がある際は、基本的にはマスクを着けるようにしている。

 

しかし内科で喉の診察を受ける時はマスクを完全に外し、口を大きく広げ、なおかつドクター(看護師)の指と舌圧子を口の中に入れられる。

 

このような形で空気感染や二次接触を通し、院内感染する恐れは無いのだろうか?

インフルエンザウイルスが猛威を奮う冬季こそ心配に感じる。

 

医療関係者に質問:感染のリスクについて

舌圧子について調べてみたが、これら上記に対しての答えが見つけられなかった。

幼い頃からの疑問であり、心配で仕方がなかった。

 

他の方は、同じような不安を抱かないのだろうか?

自分が神経質すぎるのだろうか?

ただ単に気にしすぎなのだろうか?

 

医療に従事されている方であれば、明確な答えを持っているかもしれない。

不安感を解消したいために問題提起をしてみた。

 

また、近年は使い捨ての「木製舌圧子」も普及してきているようだ。

これがどこの病院や診療所でも一般化すれば、精神的にも衛生的である。

 

おすすめ関連記事 

抜けた乳歯は屋根の上?トゥースケースでアルバム保存管理

花王ビオレu「アロマトリートメントボディウォッシュ」はメンズにもおすすめ 

【睡眠時間】ショートスリーパーの人って本当に大丈夫なの?【短眠者】

飲用水(お冷)が不味い飲食店は衛生的にも信用できない

100円ローソン野菜マシマシ350g!コスパ最強節約ダイエット術