胸熱いやほい

胸熱いやほい

ぷるぷるとよく叫ぶ!レビューPR記事注力中


スポンサーリンク

ワカサギ釣り初心者が山中湖でボートに乗って食料を獲ってきた

時の移り変わりも早いもので既に12月に突入!冬の訪れを感じるね。

旬な物事は生きる喜びを与えてくれる。季節に適した遊びがしたいものだ。

というわけで、山中湖で初ワカサギ釣りに挑戦してきたよ!

 

山中湖feat.富士山

富士五湖のひとつ。

富士山東部の麓、大自然に恵まれた環境の中で良質な水を蓄える山中湖。

 

首都圏周辺のワカサギ釣りの聖地でもある。

神奈川県西部から車で1時間程移動し、AM9:00頃に到着。

アクセスが良いのも魅力のひとつ。

 

到着早々その景色の魅力に圧巻!

目前に富士さん!いや、富士様!

肉眼だともっと近く見えて大迫力なんだよね。まじダイナミック!

釣りをせずに立ち寄るだけでも一見の価値がある。

 

釣舟用の手漕ぎボートに乗船

朝靄(あさもや)が湖面に出ていたが、天気は良かったので寒くはなかった。

エンジン付きのボートに牽引され、湖の中央まで移動。

f:id:nagaihksk:20161204173825j:plain

周辺には既にたくさんの船がいて、そこはまるで海賊の縄張りのようであった。

時は大航海時代!進めええゴーイングメリー号!

 

寒い日や、風がある時、悪天候の時は、ビニールで覆われているドーム船がいいね。

大人数で行って釣果を競い合うのも良いだろう。

 

初ワカサギ釣り

仕掛けを用意し、釣り糸を垂らす。

ぴくぴく手元に伝わる繊細なアタリが癖になりそうだ。

水深は13.3m程らしいが、湖の底あたりが連れやすかった。

この釣り糸を垂らす長さの調整が「タナ合わせ」である。

 

また、ワカサギは回遊魚であり、湖を周遊して生活している。

そのためか、同じように調整しても釣れるタイミングにはムラがあった。

だが、ワカサギの群れが来てる時にはまとめて釣り上げることもできた。

f:id:nagaihksk:20161204173846j:plain

ワカサギ数珠連荘!

一本の釣り糸に二本以上の釣り針をつけ、一度に二匹以上を釣り上げる。

これが「一荷(いっか)」である。

このような形で釣りの成果を出しつつ、楽しく勉強することができた。

f:id:nagaihksk:20161204173820j:plain

太陽の高さによって刻々と表情を変化させる富士も飽きない理由のひとつだった。

富士山の激しい造形による陰影が立体であることを強調させる。

天体が絶えず動いていることを物語っている。

 

あの神秘的な富士山をこれほど長時間にわたって眺めていたことは初めてだった。

長い人生の中で、1日くらいはそんな日があっても良いのではないだろうか?

決して手持ち無沙汰になることなく、自然と対話できる魅力的な遊びだ。

 

しかし、釣りの醍醐味はここで終わらない。

第二ラウンドとして、帰宅してからの「食」の楽しみがある。

 

釣果:約50匹(半日)

f:id:nagaihksk:20161204173847j:plain

ランチに蕎麦が食べたくなったので、おやつの時間頃に山中湖を撤退。

初めてのワカサギ釣りにしては、十分に釣れたと言えるのではないだろうか?

f:id:nagaihksk:20161204173942j:plain

煮干しみたい!フォーメーション屋根より高い鯉のぼりの図!

おめめぱっちりでかわいい(´◉ω◉`)w.。oO(飼いたかった←

 

ワカサギの素揚げ調理開始

f:id:nagaihksk:20161204173900j:plain

比較的小さく柔らかい魚なので、素揚げでささっと揚げるのがコツとのこと。

愛着が湧きつつあったので、少し胸が痛んだ(泣←

f:id:nagaihksk:20161204173856j:plain

鍋に入れた油の表面にワカサギが浮いてくるのが目安。

小さいワカサギこそ扱いに注意が必要。

カリカリになるまで揚げない、サクサクくらいの状態が美味しい仕上がり。

f:id:nagaihksk:20161204173906j:plain

網とキッチンペーパーの上で油を切りつつ、軽く塩を振る。

お好みで岩塩や醤油など調味料を替えて楽しむのも良いだろう。

揚げたて直後こそ美味しいので、冷める前にどうぞ。

 

ワカサギ食レポ(夜ごはん)

淡水魚特有のほくほくな白身。

小魚のために骨ごと食べられるので手間がかからないのも良い。

また、全身を食べられるからこそ、その旨味がひと口に凝縮される。

f:id:nagaihksk:20161204173911j:plain

脂の乗り具合も良い。

噛むほどに奥深い香ばしさが堪能できる。

 

また、新鮮なので生臭さや苦さも全く感じられない。

魚介類が苦手な人でも鮮度の高いワカサギなら食べることができるだろう。

 

まとめ

釣りは、二段階の楽しみがあるのが魅力だ。

現地で自然と遊び、家で食事として味わう。

 

帰宅後に更なる楽しみを産み、生活の一部にできるのが素晴らしい。

今後とも趣味のひとつとして続けていきたい遊びである。

 

p.s.

ボート漕ぐのが下手くそすぎて悲しくなった(白目)

回転しないで真っ直ぐ移動できるようになりたい(白目)

井之頭公園あたりで練習したい(メモ) 

 

おすすめ関連記事

磯釣り初心者が真鶴半島の三ツ石海岸に行ってきた

空飛ぶトビウオに海上で衝突されて自由を感じてみたい

飲用水(お冷)が不味い飲食店は衛生的にも信用できない

【飯テロ】竹豆腐が美味!首都圏絶品グルメおすすめ速報【美食】

ボジョレーヌーボー2016新作解禁・発売日時とおすすめ